RSS | ATOM | SEARCH
ミンコタ部品〜ハウジングセンターのマーク〜

5月末のWEBショップ開店からちょうど1ヶ月が経過しました。大きなトラブルも無く、無事ここまでやってこれたのも、皆様のお陰です。有難うございます。ようやく受注のシステムに慣れ、各種設定も一通り終わり、ほんのちょっとだけ余裕が出て来た気がします。

さて、今日はミンコタ部品の中でも重要な"アーマチュア"に関して。簡単に言えば推進モーターです。モーターが中に入っている訳ではなく、白いケース自体がモーターの一部なんです。ハウジングと、内部のアーマチュアが各々強力な磁石になっている訳です。高級な時計などを腕に付けたまま作業しない様、御注意が必要です。

さて、ミンコタエレキのシャフト延長、着眼時の岸壁ハードヒットによりアーマチュア破損、浸水、メンテナンス等でハウジングを組直す際、注意が必要なのが、写真のハウジングセンターの向きです。

『組み直したら、ペラが逆回転する』といった場合は、だいたいこのハウジングの向きが誤っている時に発生します。ハウジングの筒状形状の外周部分に、切り欠きが有り、この切り欠きをハウジングトップのフィン(スケグ)に一番近くなる様な位置で取り付けます。

『一番近くなる様に』とは、円周方向も、前後方向も含めて『一番近い位置』に来る様に組み付けします。

ミンコタエレキのアーマチュアを弄るのが初めての方には、このマークが見つからないらしく、『探したけど、そんなマークは無い』とお問い合わせを頂く事がちょくちょく有ります。

今後は赤い水性マジックでワタクシがメークしておきますので、これを目印にして下さい。水性なので、使用中に自然に赤インクは消えるかと思います。勿論御不明点はお気軽にお問い合わせ下さいませ。
author:, category:ミンコタ, 01:44