RSS | ATOM | SEARCH
2017年モデル出荷開始!

大変長らくお待たせ致しました! 毎年この時期は、アップデート(マイナーチェンジ、部品の改善など)が行われますが、今年はビッグマイナーチェンジが実施されましたききき

 

早々に情報を入手していた為、当店では10月以降旧モデルは輸入せず、ご注文頂いたお客様には、『是非新型をお待ち頂きたい!』という事でお待ち頂いておりました。

 

そしてついに先週より2017年モデルが入荷しまして、現在、随時順番に発送させて頂いております。バックオーダーが沢山溜まっており、腰痛となりましたが、少しでも早くお届け出来る様、日々出荷作業を行っております。

 

では、簡単に新型モデルを紹介します。

 

大きく変わったのは、

◆GPS機能の精度大幅アップ(スポットロックなど)

◆外観一新

◆リモコンの外観、仕様、動作ロジックの大幅変更

◆シリーズ名称の変更(例:Riptide 55SP → Riptide Power Driveなど)

です。GPS精度に関しては、ワタクシ支配人もまだ使用していないので、何とも言えません。(従来の精度で十分でしたが、これ以上の改善って体感出来るのか、期待したい所です)

 

外観に関しては、主にヘッドの形状、ベースユニットの両サイド、センターカバーです。シャフトやアーマチュアには特に変更ありません。

 

名称に関しては、もともと、SPシリーズに使われているアーマチュアの形式をPower Driveとしていたので、それを製品名に使った様な形です。

 

では外観の写真を少々紹介します。

↑サイドカバー右です。従来モデルの丸みは無くなり、角ばったデザインになりました。

↑サイドカバー左です。アーマチュア周りに変更はありません。

↑センターカバーです。裏側のバッテリーゲージは部品が変更されました。

↑アイパイロットユニットです。若干STみたいなデザインになりました。高さがあるので、アイパイロット配線の取り回しは改善されました。

↑ヘッドユニットを横から見た写真です。シャフト形状は同一ですが、ヘッドロワーカバーの形状も変更されました。従来のロワカバーには、新アイパイロットユニットの互換性は無い為、ロワーカバーも交換しなければ、新型ヘッドユニットを取り付ける事は出来ません。

↑そして、一番変わったのがリモコンです。左が従来型、右が2017年モデルです。ULTERRAのリモコンを見たときは、大した変わりは無く、驚きも無かったのですが、このリモコンの変貌には驚きです。しかも、従来の様にどれかボタンを押せば電源が入るのではなく、ちょっとした先端機器の様に、起動とシャットダウン的な操作があります。右上付近にある『V』マークを押すと起動し、終了する時も『V』マークを押すと、シャットダウンになります。

 

使って見るのが楽しみです! バックオーダーでお待ち頂いていたお客様、先週の木曜以降出荷を開始しておりますので、順次お手元に届く事と思います。

 

ブログが放置ぎみで申し訳ありません汗汗汗

author:支配人, category:ミンコタ, 01:09
ULTERRA

ちょっと前になりますが、リモコンでモーターの上げ下ろしが出来るULTERRAを輸入しました。36Vの72インチモデルです。印象は、、、デカイ!重い!長い!

写真は左からSP48インチ、SP60インチ、ULTERRA72インチです。いつもお世話になっているマリーナさんへ試験納入させて頂きました。まだ当店では皆様へ自信を持ってオススメ出来る段階ではないので、取り扱いは行っておりません。STモデルの流れをくむモデルなので、色々とありまして。。。 そのうちショップ販売出来れば良いなあと思いますが、扱うからにはパーツも充実させなければならず汗汗汗 このモデル、部品点数ハンパ無いんです0口0


リモコンのボタンも3つ多いのわかりますか!?

しっかり責任もって販売するには、まだまだ時間が掛かりそうですクッキーモンスターELMO
author:支配人, category:ミンコタ, 01:03
ケーブルがネジレたら?!
皆さま、ブログではご無沙汰しております。すっかり放置気味なブログですが、久々の更新です。

さて、写真の枠内。これはまだ症状が軽い状態ですが、今回の話題はケーブルのネジレです。

海で使用中、ヘッドが回転するうちに、シャフトに巻き付く事がありますよね? この時、どの様に解いておりますでしょうか? よく考えれば当たり前なんですが、ケーブルを掴んで、ヘッドの上方を通して元に戻そうなんてしてませんか?

手でケーブルを持って、ヘッド上方を通してしまうと、更に複雑に捻じれてしまいます。1枚目の写真の様にコイルコードとアイパイロットケーブルが歪んでしまいます。

ヘッド回転により、ケーブルがシャフトに巻き付いた時は、
・リモコンのマニュアル操作で左右にヘッドを回転させて解く。
・手でヘッドを少し持ち上げて左右にヘッドを回転させて解く。


今回の写真例では、さほどネジレが酷く無かった為、2枚目の写真の通り、一旦ヘッドユニットとシャフトを切り離し、ネジレを解けば元に戻りました。

ネジレが酷くなると、アイパイロットケーブル内部の7本の線のうちのいずれかが断線し、不具合が発生します。また、このケーブルは純正部品としては販売されていない為、内部断線すると非常に厄介です。

巻き付いたらリモコンで戻すを遵守して下さい!
author:支配人, category:トラブル事例, 21:43